サーバーメンテナンス作業のため、以下の日程でサービスを一時停止させていただきます。
  日時: 2017年7月25日(火) 21:00 ~ 27:00
ご迷惑をおかけしますが、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
販社ニュース
2018/01/09
【化粧品驚愕ニュースvol.2】マイクロビーズを好んで食べる稚魚たち

2018年も、


本格的に始まりましたね!


今年もジャンジャン発信していきますので、


宜しくお願い致します!







​新年一発目は、


この記事↓のご紹介。


魚の稚魚、プランクトンよりも海洋に漂う
プラスチックビーズを好んで「パクパク」と食べる。
スウェーデンの研究論文で明らかに。
食物連鎖での影響懸念高まる(RIEF)


(一般社団法人環境金融研究機構)











マイクロビーズに関しては何度も


​このポータルサイトでも紹介していますが、


​稚魚がプランクトンよりも


​マイクロビーズを好んで食べるというのは、


​驚愕、至極でした。














 
マイクロプラスチック:
5mm以下

​マイクロビーズ:
1mm以下


という大きさの違いがあります。


稚魚が食べてしまうマイクロビーズは、


主に化粧品・医薬品に含まれているとのこと。

















マイクロビーズをたくさん食べてしまえば、


​稚魚の成育に大きな影響が出ます。



​その結果、大きな魚に捕食されやすくなり、


​生態系に打撃を与えます。


















さらに、


捕食した大きな魚の内臓で、


マイクロビーズが濃縮されしまうので、


魚を食べる人間にとっても、


大打撃になります!


















​アメリカの数州ではすでに禁止され、


​ヨーロッパでも禁止を検討しているとのこと。


​魚を愛し、よく食している日本も、


早急に対策を求められております。



















特に、マイクロビーズをまき散らす原因が、


​化粧品にあるという点です。



シナリー製品には無論含まれていませんが、


​「スクラブ」などと称して、


​市販の洗顔ホームや歯磨き剤には


今でも普通に使われています。





















マイクロビーズの実態について、


​このページでは今後も、発信し続けます。



一刻も早く、


マイクロプラスチック
​マイクロビーズ



法的規制を、


政府に考えて頂きたいです。





※よろしければ、

​下の「参考になった」「素晴らしい」などの、

投票ボタンを押して頂けると、

​筆者は何よりの励みになりますので、

何卒宜しくお願い致します↓


 
この記事にぐっときたらぜひご投票ください!

参考になった
15

楽しかった
1

応援する
5

素晴らしい
10

感動した
2

         

[ 公開中 ]